前へ
次へ

不動産担保ローンのメリットとは

多額の資金を融資してもらいたい時に不動産担保ローンはメリットがあります。
このローンは不動産を担保にすることで、低金利で多額の融資を得ることができます。
貸す側も不動産を担保にできるので、もし融資した相手が返済できない時には不動産を担保にしているので資金の回収がしやすいことから安心して多額の融資を実行することができます。
つまり、不動産担保ローンは借りる側にも貸すが側にもメリットがあります。
借りる側は担保の不動産の価値にもよりますが融資額の上限額が1億円から10億円までとなっていますので、価値の高い不動産を担保すればかなりの金額の融資額が期待できます。
また貸す側は1億円以上の融資であっても資金回収が容易なので、安心して融資できます。
以上のようなメリットが不動産担保ローンにはあります。
さらに、この不動産担保ローンは使い道は自由となっています。
そして、使い道が自由なローンとしては低金利です。
これもメリットです。

Page Top